行政との付き合い方ページです。|噛む,吠える,トイレなどの犬のしつけはドッグマナースクールMove'Onにお任せ下さい!

行政との付き合い方

  • HOME
  • 行政との付き合い方
  •  

行政との付き合い方

行政とは協力し、わんこが暮らしやすい環境を作りましょう!

日本では犬を捕獲し殺処分を行う行政に対し「悪」のイメージが根強くあります。 では実際に、行政が犬の捕獲も抑留も殺処分もとりやめるとどういった事が起こるでしょうか?
迷子の犬は善意ある方に保護されれば良いですが、人が苦手で触ろうとすると咬むような犬の場合、保護は難しいでしょう。 野良の状態で交配がすすみ、人との付き合いを全く知らない犬が次々と生まれてきます。 人との付き合いが極端に少ない犬は、人に対し攻撃的になっていきます。 特に人里離れた野山に群れをなすようになると、人が近づくことは困難になるでしょう。 これにより咬傷(こうしょう)事故も増加していきます。
今までは何も考えずとも安全だった愛犬との散歩中でも野良犬に出くわし、いきなり攻撃されたりすることもあるでしょうね。 更にここに狂犬病が海外から持ち込まれたりすると、もう手はつけられません。 あっという間に全国に広がり、人も犬も狂犬病に侵されるリスクと共に生活をするようになります。 行政はこれらの危険を未然に防ぐために、全国各地に動物愛護センターを設置し、各地域の犬の管理を行っているのです。 世の中には動物愛護センターや保健所、犬に関わる法律に対してとても攻撃的な愛犬家たちもいますが、行政とも協力し、共にペット先進国を目指していくのも必要なのではないでしょうか。

ペットの火葬は行政と民間のどちらかで行われます

犬を飼えなくなったら

犬を一度飼うと決めたら、その子が天国へ旅立つまで家族として過ごす覚悟が必要です。 命ある動物を「飽きたから」「世話をするのが面倒だから」「吠えるから」などといった理由で途中で投げ出すことはあってはなりません。 そんな覚悟をもっても、どうしても一緒に住めなくなってしまう場合があります。
飼い主さんが先立つことによって死別することもあれば、家族内に重度の動物アレルギーが発症してしまう場合もあるでしょう。 そんな時はまず近親者を頼りましょう。特に単身住まいでペットを飼育している場合は、普段から有事の際に頼れる親戚の方に相談をしておきましょう。 近親者であれば、里子に行った後でも状態の確認や面会もとりやすくなります。 近親者で頼れる家がない場合、面識のない一般の方へ募集範囲を広げます。
動物病院にポスターを貼らしていただく、インターネットで里親募集サイトへ掲載をする、里親会へ犬を連れていく等の方法があります。 里親を募集する前に、不妊・去勢手術・混合ワクチンの接種・狂犬病予防注射の接種は済ませておくと、比較的早く見つかる傾向があります。

犬を飼えなくなったら

迷子になった時

まずは最寄りの警察署に連絡をし、愛犬が保護されていないか確認をとります。 この最寄りというのは「犬が自分自身の足で徘徊できる範囲」をさしますので、例えばスクールのある市川市曽谷で迷子になった場合、市川市はもちろん松戸市、江戸川区、葛飾区あたりの警察署に連絡をいれた方が無難です。
数日経っても愛犬が見つからない場合は、鎌ケ谷市や船橋市等の広範囲をカバーしていきます。 次にその地域の逸走犬を捕獲する動物愛護センターに連絡をいれます。 市川市でしたら千葉県動物愛護センター東葛飾支所になりますね。
この時点でどちらかの施設に保護されていればとてもラッキーで、事務手続きを済まし少々のお説教を頂けば愛犬は戻ってきます。 それでも所在不明な場合、鑑札や迷子札が着いてない犬に関しては、愛護センターには指定の曜日に犬が捕獲されていないか確認の電話をしなければいけません。
また、警察署にも確認の電話を入れておいた方が無難でしょう。 他には愛犬の写真・逸走時の特徴を記したポスターを作成し、犬の集まる公園や動物病院、コンビニへの貼り出し作業が効果的です。(見つかった時に回収しなければいけないので、貼り出した場所のメモは必ずとっておきましょう)
あとは新聞配達・郵便配達・宅配便の作業員の方へポスターを渡しておくのも有力な情報を得られる方法の1つです。 そして考えたくはありませんが、愛犬が事故に遭って道端で死亡していた場合、遺体を回収するのはその地域の清掃局になるので、こちらの連絡先も把握しておきましょう。

噛む

迷い犬を見つけた時

まずは人が近づいて大丈夫な子なのか確認します。 近づくと威嚇してくるような子であれば危険なので、最寄りの警察署へ連絡をしましょう。 人が好きで触らせてくれるような子であれば、まず首輪周辺に鑑札や迷子札が着いていないか確認をします。 迷子札であれば、書かれている電話番号へ連絡し飼い主さんにお迎えに来てもらいましょう。 鑑札や注射済票の場合、警察へ刻印されている番号を連絡し、飼い主さんに連絡をしてもらいます。 その間、警察へ連れていくか、自宅で保護するかは保護主であるあなたの判断に委ねられます。
※市町村によっては即刻警察へ連れて行かないと「窃盗罪」になる場合があります。 詳しくは各市町村へお問い合わせください。
飼い主さんの情報となるモノを何も身に付けていない場合、警察へ連れていくか、自宅で保護するかは保護主であるあなたの判断に委ねられます。 自宅で保護をする場合、既に犬を飼っているご家庭では伝染病やノミ・ダニの問題があるので、必ず動物病院に連れて行き、獣医さんに保護犬を見てもらってからにしましょう。
保護をする場合は、警察・動物愛護センターに連絡し、犬を保護している旨を伝えます。 その後は写真を持って近所で聞き込みをしたり、ポスターを作成し人目につく場所へ貼り付けたり、インターネットで情報を呼びかけるようにしましょう。

迷い犬を見つけた時

狂犬病予防注射

注射済票について

現在の日本では犬を飼育している場合、年に1回必ず接種させなくてはいけない注射があります。
それが「狂犬病予防注射」です。
狂犬病とは恐ろしい病気で、人畜共通で発症したら100%死亡します。 江戸時代に流行した際には、あまりの恐ろしさから犬を見れば撲殺する事件が多発したそうです。 そんな狂犬病を予防するために「狂犬病予防注射」があり、接種を受けた犬には「注射済票」が発行されるのです。 なので、毎年接種するたびにお住まいの市町村へ届け出をし、注射済票もその年のモノに付け替える必要があるのですね。

注射済票について

鑑札について

鑑札を見るとお住まいの市町村名と番号がセットで刻印されています。 愛犬が迷子になった時、警察や愛護センターといった役所に保護された場合、鑑札がついていれば飼い主さんが必死に探さなくても役所から連絡が入る仕組みになっています。
要するに「犬の所有者を明確にする」役割を果たしているのが鑑札なのです。 ある愛護センターでは鑑札を付けた犬が収容されたのは年間たった1頭のみでした。 みなさん、愛犬の特徴を書き出してみて下さい。耳は立っていて、毛色は茶色で、小型犬で、赤い首輪をしている…そのような犬が世の中に何千匹いると思いますか?
個人的には鑑札を付けろとは言いません。(いや、付けないといけないのですが(笑)) 鑑札が嫌なら、かわいい迷子札を付けてあげてください。

鑑札について

ページの先頭へ