飛びつきページです。|噛む,吠える,トイレなどの犬のしつけはドッグマナースクールMove'Onにお任せ下さい!

飛びつき

  • HOME
  • 飛びつき
  •  

飛びつき

飛びつきって問題行動?

 

そのように思う方もいらっしゃると思います。 最近は飛びつきを気にする飼い主さんも増えてきましたが、飛びつきへの認識は まだまだ薄いのが現状です。では、なぜ飛びつきは良くないのでしょう?

○飛びつきによる危険性

  • ・ケージに足を挟んでしまった
  • ・家具に飛びついて骨折してしまった
  • ・小さな子供に飛びついて、怪我をさせてしまった
  • ・腰に負担がかかって、ヘルニアになってしまった

これらは実際に起きている事故です!!
小型犬だから大丈夫ということはありません。小型犬でも小さな子供に飛びつけば危険です。
また犬が苦手な方もいるので、そこでトラブルになることもあります。

  • 飛びつきって問題行動?

  • では、どのように対処すればいいのでしょうか?

  • では、どのように対処すればいいのでしょうか?
  • 飛びつきは叱るだけでは直りません。
    逆に叱れば叱るほどエスカレートすることがあり、飛びつきではなく別の行動(例えば、吠え・ひっかき・咬みつき)に発展することもあります。
    なので、飛びつきが出ている時は、無視をするようにしましょう。
    この無視をするというのは、犬に反応を返さないということです。
    犬は注目獲得を狙う動物なので、目が合うことも飛びつきを強化する可能性があります。
    また、これと同時に飛びついていない時はフードや声かけで強化するようにしましょう。


    ページの先頭へ